投資情報

概要 クラウドコンピューティングとは、インターネットを介したオンデマンド・コンピューティング・サービスの提供で、クラウドユーザーにコスト効率、拡張性、および多様性を提供します。 クラウドテクノロジーの採用が増えてきており、クラウドコンピューティング業界は業界ライフサイクルの成長段階に入りつつあります。 リモートでの作業アクセスを許可する機能と他の補完的な技術産業の強化により、クラウドコンピューティングは21世紀のデジタル変革ツールになっています。...続きを読む

2019年3月、グーグルが新たなクラウドゲーム・プラットフォーム「Stadia」を発表しました。これを受けて、世界中がゲーム産業に注目しています。 勢いのあるゲーム産業は従来のコンピューターやコンソール(家庭用ゲーム機)、そしてモバイル端末用ゲームなどで構成されていますが、クラウドゲームもこうした数ある分野のひとつです。ゲーム産業全体では、2018年には1,310億米ドルを稼ぎ出しました。1これまでは、Electronic Sports (EA.US)、Activision Blizzard (ATVI.US)、Ubisoft Entertainment (UBI....続きを読む

概要 中国におけるインターネット浸透率は2018年12月時点で59.6%に留まるにも拘らず、ユーザー人口は米国の3倍。 中国でインターネット検閲を行う「万里のファイアウォール」により、同国のインターネット関連企業は必然的に国内市場を独占。 急速な都市化、技術開発、経済力のシフト、そして人口動態・社会の変化といった構造的トレンドは中国のインターネットおよびテック産業成長に拍車をかける。 中国のネット企業はスーパーアプリ、データ、5Gモバイル・ネットワークとテクノロジ...続きを読む

概要 2018年における米国でのESG(環境、社会、ガバナンス)投資額は、運用資産全体の4分の1にまで膨らみ、投資の世界でその重要性が増しています。 多くの研究で企業の財務パフォーマンスと非財務パフォーマンス(ESGの取り組み)の間に正の相関関係があることが示されています。 構造変化の進展とともに投資家の社会的意識が高まることにより、ESG投資の人気もさらに拡大することが期待されます。 ESG投資を検討されている方には、ESGの特性を持つSUSL、USSG、VSG...続きを読む

以前に掲載したグローバル分散投資ガイドの記事で、多くの投資家が自国市場中心の投資に偏っていることを解説しました。これとは別に、投資家の多くは以前に聞いたことがある、または頭に思い浮かびやすい銘柄だけに投資しがちになる「可用性バイアス(Availability Bias)」も持っていることが明らかになっています。このようなバイアスはグローバルな分散投資を妨げる障壁となり、投資家のポートフォリオを自国株中心の資産運用に偏らせてしま...続きを読む

次へ