概要

 

前書き

企業のITは、主要なバックオフィス機能としてみなされています。それは、ハードウェアの設定、データ管理、ソフトウェアのインストール、プラットフォームの保守管理など、様々な事業の重要な活動に関与しています。

優れた顧客サービスを提供し、業務効率を向上させるには堅牢なITインフラが不可欠です。ただし、ITリソースは資本、時間、労力に多大なコストを必要とし、通常は社内で管理されています。

そのため、企業はIT運用を合理化し、デジタルビジネス環境でより効果的に競争する方法を模索しています。ビジネス変革の中心はクラウドコンピューティング・テクノロジーの出現です。これにより、企業はITコストを削減し、コンピューティング・インフラを強化できます。

しかし、クラウドコンピューティングとは何なのか、なぜそれが世界中のビジネスを刷新するのでしょうか?

 

クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングは、インターネットを介したオンデマンド・コンピューティング・サービスの提供です。企業は、物理的なITインフラを購入、所有、維持する代わりに、アマゾン ウェブ サービス(NASDAQ:AMZN)やマイクロソフト・アジュール(NASDAQ:MSFT)などのクラウドプロバイダーから、必要に応じてITサービスを調達できます。

クラウドコンピューティングは、クラウドのロケーションに応じて分類されます。

クラウドのロケーション 説明
プライベートクラウド 単一の組織によって排他的に使用されるクラウドコンピューティング・リソース。プライベートクラウドは、物理的に企業内のインフラに配置するか、あるいはプライベートクラウドをホストするクラウドプロバイダーにアウトソースすることもできます。

プライベートクラウドは、より高いレベルの制御、セキュリティ、カスタマイズを企業に提供しますが、コストは高くなります。

ハイブリッドクラウド ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方を組み合わせて、クラウド間でのITリソースの共有と転送を可能にします。

ハイブリッドクラウドは、セキュリティレベルを最適化してビジネスニーズを満たすために、2つの選択肢の間で展開オプションを用意することで、企業に高い柔軟性を提供します。

パブリッククラウド パブリッククラウドは、第三者のクラウドプロバイダーが単独で所有および運用しています。パブリッククラウドにより、クラウドプロバイダーは、同じコンピューティングサービスを複数のユーザーに販売できるので、規模の経済の恩恵を受けられます。

 

規模が大きいほどコスト効率は高くなり、これにより、クラウドユーザーもコスト削減が可能になります。

今日、クラウドコンピューティング業界は、世界最大のテクノロジー企業数社によって占有されています。純粋なクラウド企業として始まった市場リーダーはいませんが、彼らはクラウドコンピューティング業界の持つ計り知れない成長可能性を認めていました。その結果、彼らはIT消費者のニーズの構造的な需要の変化を資本化するために、膨大なリソースと技術的な専門知識を投入しました。

世界のクラウドコンピューティング市場は、2023年までに年間平均成長率(CAGR)18%で、6,233億米ドルに達すると推定されています。2

 

クラウドコンピューティング・サービスの種類

クラウドコンピューティング・サービスには、インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス(イアース、IaaS)、プラットフォーム・アズ・ア・サービス(パース、PaaS)、ソフトウェア・アズ・ア・サービス(サース、SaaS)の3つの主なタイプがあります。それらは互いの上に構築されるため、しばしばクラウドコンピューティング・スタックと呼ばれます。4

クラウドコンピューティング・サービス 説明
laaS ストレージ、サーバー、ネットワーク設備などのITインフラへのオンデマンドのインターネットベースのアクセスに使用される最も基本的なタイプのクラウドコンピューティング・サービス。
PaaS クラウドユーザーがソフトウェア・アプリケーションを開発、テスト、配信、管理するためのオンデマンド環境を提供するクラウドコンピューティング・サービス。これらの機能に必要な基盤となるITインフラを設定または管理する必要はありません。
SaaS ソフトウェア・アプリケーションをインターネット経由で配信するクラウドコンピューティング・サービス。SaaSを使用すると、クラウドプロバイダーはソフトウェア・アプリケーションと基盤となるインフラをホスト、管理、維持できます。

 

 

クラウドコンピューティングの利点

クラウドコンピューティングは抽象的に見えるかもしれませんが、私たちが気づかないうちに、日常生活の中に実際に存在しています。例えば、ブログをホストしたり、オンラインでビデオをストリーミングしたことがあれば、それはクラウドコンピューティング・テクノロジーの動作です。

クラウドコンピューティングは、私たちの日常業務を変革するだけでなく、産業やビジネスを再形成しています。この破壊的なテクノロジーをよりよく説明するために、クラウドコンピューティング業界の成長を促進する根本的な要因について説明します。

コスト

パブリッククラウドにより、ハードウェアとソフトウェアの購入、コンピューティング・インフラの維持、および必要なコンピューティング・サービスを提供するためのIT担当者の採用にかかる資本的費用が不要になります。さらに、クラウドコンピューティングは、電力の供給や冷却のための電気代などの継続的な運用コストを削減します。5

管理会計協会(Institute of Management Accountants)による調査で、総所有コスト(TCO)の削減が、企業がビジネスアプリケーションをクラウドに再配置する主な理由の1つであることがわかりました。ハードウェアとソフトウェアの維持に関する財務的責任は、企業からクラウドプロバイダーに移されます。オンサイトのコンピューティングインフラの構築およびメンテナンス費用は、企業のコア戦略にとって戦略的利点がないため、企業はコスト削減とリソースをコアコンピテンシーに転換することができます。

 

グローバルな拡張性

クラウドコンピューティングは、企業に弾力的に調整する柔軟性、つまりビジネスの成長に合わせてITリソースを調整する能力を与えます。これにより、ITリソースの過剰供給と冗長な支出を防ぐことができます。

クラウドコンピューティングを使用すると、企業は各国でITインフラを設置することなくグローバルに拡張および展開することができます。クラウドコンピューティングは従量課金制の価格設定モデルを採用しているため、企業は拡張の過程において、コンピューティングの埋没費用を大幅に負担する必要はありません。海外ベンチャーが失敗した場合、企業は単に事業を撤退し、クラウドプロバイダーからITリソースを縮小するだけですみます。

サービス革新

クラウドプロバイダー間の激しい競争と技術の進歩により、クラウドユーザーに対する価格は下がっています。6クラウドプロバイダー間の価格差が狭まると、クラウドサービスのコストは、クラウドユーザーがサービスプロバイダーを決定する際の差別化要因にはなりません。

そのため、クラウドプロバイダーは、クラウド顧客ベースの有利な市場シェアを争うためのサービス・イノベーションに重点を置いています。データストレージやサーバープロビジョニングなどの従来のクラウドサービスの代わりに、価格のコモディティ化の問題を克服するために特別な顧客要件に応えるための新しいクラウドサービスが導入されています。新しいイノベーションは、クラウドプロバイダーに潜在的な成長機会を生み出すこともできるのです。

カスタマイズされたクラウドサービスが顧客のビジネスプロセスに統合されると、クラウドユーザーが別のプロバイダーに切り替えることが非常に困難になります。パーソナライズされたサービスは、ビジネス関係を深めることができます。これにより、クラウドプロバイダーは、既存の顧客群に追加の製品を売ることができ、顧客あたりの平均売上を上げることができます。

様々な業界のいろいろなニーズと予算により、多くの多様なクラウドサービスが作成されています。新しいクラウドサービスの例には、データ分析、機械学習、データレイク、モノのインターネット(IoT)などがあります。

上場投資信託

クラウドコンピューティングは、2000年代初頭から登場しています。ただし、過去のクラウドテクノロジーに対する理解と信頼の欠如により、多くの組織は第三者プロバイダーにIT運用をアウトソースすることに消極的でした。

言うまでもありませんが、クラウドコンピューティングの利点により、その否定的な認識は減少し、テクノロジーの急速な採用を促しました。企業がクラウドコンピューティングをますます受け入れるにつれ、業界はその初期段階から徐々に脱却し、業界ライフサイクルの成長段階に入っています。7

 

クラウドコンピューティング銘柄で構成される上場投資信託(ETF)は、投資家がクラウドコンピューティング業界の成長機会を目の当たりにする機会を得られる便利な投資手段です。

ETF ファースト・トラスト・クラウド・コンピューティングETF グローバル X クラウドコンピューティング ETF ウィズダムツリー・クラウドコンピューティング ETF グローバル X チャイナ・クラウドコンピューティング ETF
コード SKYY CLOU WCLD 2826
上場市場 NASDAQ NASDAQ NASDAQ HKEx
運用資産残高 USD 22.30億 USD 416 百万 USD 44.8 百万 HKD 521.63
経費率 0.60% 0.68% 0.45% 0.68%
組入銘柄数 61 36 52 20
組入上位3銘柄 – Amazon.com Inc (NASDAQ: AMZN)
– Microsoft Corporation (NASDAQ: MSFT
– Oracle Corporation (NYSE: ORCL)
– Coupa Software Inc (NASDAQ: COUP)
– Xero Ltd (ASX:XRO)
– Shopify Inc Class A (NYSE:SHOP)
– Zoom Video Communications Inc (NASDAQ:ZM)
– Cloudflare Inc Class A (NASDAQ:NET)
– Qualys Inc (NASDAQ:QLYS)
– Winning Health Technology (SHE:300253)
– Sangfor Technologies Inc (SHE:300454)
– Yonyou Network Technology (SHE:600588)

ETF情報は2020414日の時点で正確です

 

 

 

結論

COVID-19のパンデミックは、ビジネス運営をクラウドベースのソリューションに移行させることの重要性を強調しています。リモートで作業する機能は、ビジネス継続計画の不可欠な部分であり、重要なビジネス機能が危機時においても通常どおり機能できるようにします。

さらに、5Gテクノロジー、モノのインターネット(IoT)、およびその他の技術革新の出現により、クラウドサービスへの需要が高まっています。クラウドコンピューティングは、これらの業界の能力、機能性、および柔軟性を強化し、エンドユーザーに提供できる製品とサービスを強化しています。

結論として、クラウドコンピューティングは、世界中の産業の価値とサプライチェーン全体に革命を起こす基盤を提供するデジタル変革ツールとなっています。

 

 

 

いかがでしたか?

 

ご質問がございましたら、いつでも日本語デスクまでお問い合わせください。投資用口座の開設も無料で承っております。

 

 

参考:

[1] https://www.esds.co.in/blog/cloud-computing-types-cloud/

[2] https://medium.com/swlh/the-growth-of-the-cloud-and-the-reasons-why-865f8fc8525f

[3] https://www.statista.com/chart/18819/worldwide-market-share-of-leading-cloud-infrastructure-service-providers/

[4] https://www.aerieconsulting.com/news/what-are-the-different-types-of-cloud-computing-services

[5] https://blog.westmonroepartners.com/rain-down-cost-savings-with-cloud-based-business-applications/

[6] https://www.computerweekly.com/news/4500270463/Public-cloud-competition-results-in-66-drop-in-prices-since-2013-research-reveals

[7] https://www.zdnet.com/article/what-is-cloud-computing-everything-you-need-to-know-from-public-and-private-cloud-to-software-as-a/

 

出典:https://www.poems.com.sg/market-journal/cloud-computing-the-bedrock-of-the-future/

 

本記事は英語にて執筆された記事を日本語に翻訳したものです。英語版と日本語翻訳版において意味または文言に相違があった場合、英語版が優先されるものとします。必要に応じて原文をご確認いただきますようお願いいたします。

 

免責事項

本ブログに掲載の内容は一般の読者様を対象としており、特定の投資目的、財政状態、本文をお読みになられた方の特定のニーズについて言及するものではありません。本文に記載の情報に基づき、直接的または間接的に行われた行為の結果として生じた損失について、当社は一切の保証および責任を負いません。

本文中に記載の見解は、予告なしに変更されることがあります。投資には、投じた元本の損失などのリスクが存在するほか、各銘柄の価値やそこから生じる収益も常に変動するということを十分にご理解ください。本文中に記載する商品の過去パフォーマンスや考察、予測は必ずしも今後のパフォーマンスと一致するものではありません。Phillip Securities Pte Ltd (PSPL)の役員、関係者、または従業員は、今後本文で述べた金融商品についての知識をより深めていくよう努力して参ります。投資家の皆様には、投資の計画段階からファイナンシャル・アドバイザーによるサポートがご利用いただけます。ご自身で投資を進められるという場合は、開始前にその投資方法がご自身にとって適切であるかを慎重にご判断いただいた上での開始をお勧めいたします。

本ブログに掲載の内容はPSPLが信頼できると判断した分析、予測、考察、意見、見解(以下、集合的に「リサーチ」と称する)など一般公開されている情報源を一部参考として執筆したものです。PSPLが明示的または黙示的の区別を問わず、これらのリサーチに含まれる情報の正確性、完全性、検証有無を表明、保証、表現することはありません。本文に含まれるリサーチの情報は変更される可能性があり、PSPLはそれらの情報またはリサーチの変更に伴ってそれを維持、補填、修正、更新、発表する義務を負わないものとします。PSPLは本文中の情報を利用することで生じた特別、間接的、偶発的、派生的損害について、それらの損害の可能性が示唆されていた場合も含み一切の責任を負いません。本文中に記載の企業およびその従業員は、情報の誤記、不正確性、欠如などに関して一切の責任を負いません。本文中に記載の見解または推奨事項は一般論に基づいて記載されるものであり、予告なしに変更される場合があります。また、本文で提供される情報は各国、市場、企業に関連する将来的な出来事や財政状態についての楽観的な表現を含む場合があります。投資の際は必ずご自身でこれらの情報の妥当性、正確性、および適性を十分に検証・評価いただくようお願い申し上げます。

本文中に記載の見解および戦略は、すべての投資家の方に最適となるものではありません。また本文中に記載の見解は、PSPLの他部門または関係者、関連会社から提供される情報と異なる場合があります。投資商品またはコモディティについての説明または議論はあくまで例示目的としてご紹介しているもので、当社から当該の投資商品やコモディティを推奨する、または募集・購入・売却の勧誘を行うものではありません。