未来について知りたいという願望は誰しもが持っていることでしょう。未来に思いを巡らせたり、私たちの生活を一変させるかもしれない新たな技術革新について想像してみたり。

テーマ投資はある特定の社会的・経済的なテーマや企業、その他注目のテーマに投資する投資手法です。強力なマクロレベルのトレンドに注目し、その先導役を担い、将来的に成長が見込まれる企業を見つけます。

テーマ投資は新しい流行のように思われるかもしれませんが、これまで世界中の投資家が用いてきた投資手法です。金利が上昇すると銀行株が買われたり、景気後退局面ではディフェンシブ銘柄 に人気が集まったりするのがその例です。

ただし、テーマ投資は金融政策や景気サイクルに合わせて投資先を変える手法ではありません。テーマ投資が景気サイクル投資とは違う点は、人口動態の変化、新技術の躍進、消費行動の変化、天然資源の枯渇といった社会的な構造的変化に着目する点です。こうした大規模な構造的変化は、社会を根底から変化させ、投資家に成長の機会をもたらします。

 

景気サイクル投資と構造変化投資の違い

景気サイクル投資 構造変化投資
・景気サイクルの段階(景気拡大→ピーク→景気後退→谷)に合わせて投資・景気は循環するものの、常に一定の周期で起きるわけではない。短ければ1年、長い場合は10年以上

・景気の変動率は長期的に平均値に収束(図1参照)

・取引のタイミング(エントリーとエグジット)が重要

・人口動態の変化、破壊的イノベーションの躍進、新エネルギーの開発、資源の枯渇など社会に大きな影響を与える構造変化によって恩恵を受ける企業に投資・実質的に長期間

・社会に大きなインパクトをもたらす

・取引のタイミングはあまり関係ない

1:景気サイクル

産業分野やセクターによっては、景気サイクルと構造変化の両方の影響を受けることがあります。テクノロジー企業は、景気拡大期に商業・工業セクターの需要拡大の恩恵を受けます。1

一方で、社会や経済に重要な影響を及ぼす新製品やプロセスを開発することで、構造的トレンドの恩恵を受けることにもなります。

重要なことは、何が企業の成長ドライバーになっているかを確認し、それが景気サイクルによるものか、構造的トレンドによるものかを判断することです。構造的トレンドは実質的に長期間続き、その影響は時間経過とともに拡大する傾向があります。

 

構造変化をテーマとする投資戦略

テレビの発明からインターネットの商業化まで、社会の構造的な変化は日常生活や経済活動を大きく変革しました。

例えば、写真業界をリードしていたコダックは、デジタル写真技術の対応に出遅れたことによりその優位性をほぼ失いました。2デジタル写真の技術革新とそれに伴う消費者行動の変化がコダックを崩壊に導きました。デジタル写真という破壊的技術は、従来のフィルム写真を衰退させたものの、デジタルストレージや写真編集ソフトなどの新しいデジタル技術の進歩をもたらしました。

構造的変化は業種の垣根を越えて広がり、その影響は複数の集団、地域、または社会部門に及びます。

 

2:デジタルカメラの補完製品とサービス

 

技術のSカーブとロジャースの普及曲線

構造的トレンドをテーマにする投資は、「技術のSカーブ」や「ロジャースの普及曲線」を基本としています。

成功した製品やイノベーションの成長過程は、開発初期段階から成熟段階に至るまでS字の曲線を描きます。消費者のニーズに適う新技術の登場によって既存技術はその座を奪われます。”S”カーブの形状は、製品の持続可能性、技術的先進性、競争環境、社会規範、規制などの様々な要素によって異なります。

それでもなお、新製品の多くは初期段階でつまずき、”S”カーブを描かずに消えていきます。

 

3技術のSカーブ

 

ロジャースの普及曲線は、イノベーションが人々に拡散する過程を曲線で示しています。新製品、アイデア、または技術の成功は、対象となるターゲット層の受け入れ方にかかっています。新製品が発売時に100%の市場シェアを獲得することはなく、ほとんどの場合、イノベーションがメインストリームになるには、「イノベーター」や「アーリーアダプター」に受け入れられる必要があります。

イノベーションの採用者としては、国内の消費者、工業生産者、ビジネスユーザー、政府期間などが引き合いに出されます。

 

図4:Sカーブ(オレンジ線)とロジャースの普及曲線(ベルカーブ)

 

Sカーブと普及曲線を投資に活用する方法

株価とSカーブの関係には、必ずしも直接的または正の相関性があるわけではなく、二者の違いは、競争、ビジネスの不確実性、政治・経済環境などの市場原理によると考えられます。

また、企業は市場シェアを獲得したり、クリティカルマスを構築したりするために、製品や営業活動にキャッシュフローを回すため、売上や収益成長はSカーブよりさらに遅れることになります。

とは言え、Sカーブは投資先のリスクとリターンを評価する上で役立つ指標です。開発初期のイノベーションは高いリターンポテンシャルを持っていますが、失敗する可能性も同様に高いため、投資家にとっては大きなリスクです。対照的に、消費者によって広く使用されてきたレガシー技術は成長の余地は少ないにしても低リスクです。

 

イノベーションの5つの主な特徴

イノベーションの普及は複雑なプロセスです。プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査によると、消費者が社会に最も大きなインパクトを与える破壊力で、この先5年以内に製品やサービスの1つをより優れた代替品に置き換える可能性が高いことが明らかになっています。新しい技術の選択は未来の形成に影響します。3

新技術の成功と採用を決定付ける主な特性は5つあります。4

特性 説明
1 相対的優位性 競合他社、代替品、または先駆者と比較してどの程度改善されているか
2 両立可能性 潜在的採用者の習慣や必要条件にどの程度一致するか
3 複雑性 イノベーションを理解・使用する際の難易度
4 試行可能性 イノベーションを試すのがどの程度利用しやすいか
5 観察可能性 イノベーションを利用したことによる利点が潜在的採用者にどの程度明確か

イノベーションが受け入れられる可能性とテーマ投資戦略の可否を判断するには、これら5つの要素を評価する必要があります。

 

テーマ別ETF

従来のETFが市場を飽和させつつある中、競争の激化する市場で投資家を引き付けるために開発されたテーマ別ETFが次々と登場しています。

ペットケア、宇宙探査、ビデオゲームといった少し変わった分野に投資する戦略から、バイオテクノロジーや人工知能(AI)などの新しいトレンドまで、投資家には多くの選択肢が用意されています。

時価総額加重平均型の従来の市場インデックスやセクター別ETFとは異なり、テーマ別ETFは別の組み入れルールに基づき指数を算出する手法を取っており、個別のテーマ投資の目的に合う株がETFに組み入れられています。

テーマ投資を個人投資家向けに「民主化」したのがテーマ別ETFです。構造変化の恩恵を受ける企業を絞り込むために市場レポートやデータを読み解く代わりに、個人投資家はテーマ別ETFを活用して目的のテーマに投資できるようになりました。

テーマ投資戦略の基本の後は、投資家の興味をそそる投資テーマについて一部ご紹介します。

 

ロボティクスとAI

ロボティクスと関連サービスの世界的な支出は、2016年の915億ドルから2020年までには1,880億ドルに増加する見通しです。5世界の高齢者人口が2015年の5億5,900万人から2020年の6億4,000万人まで増加する見通しであることを背景に、生産性向上と人件費削減のために、企業の注目は着実にロボットとA.Iに向けられています。

ロボット、オートメーション、AIの大量導入によって、蒸気機関、大量生産、電子技術の発展に続く第四次産業革命が起きると広く信じられています。

ETF iShares Robotics and Artificial Intelligence ETF First Trust NASDAQ Artificial Intelligence and Robotics ETF ROBO Global Robotics and Automation Index ETF Global X Robotics and Artificial Intelligence Thematic ETF
ティッカー IRBO ROBT ROBO BOTZ
設定日 2018年6月26日 2018年2月21日 2013年10月21日 2016年9月12日
取引所 AMEX NASDAQ AMEX NASDAQ
AUM (US$) 36.06 million 43.78 million 1.50 billion 1.74 billion
経費率 0.47% 0.65% 0.95% 0.68%
銘柄数 89 96 95 38
トップ3銘柄
  • Lattice Semiconductor Corp
  • Snap Inc.
  • Cloudera Inc.
  • Blue Prism Group plc
  • Ambarella Inc.
  • Medidata Solutions Inc.
  • Yaskawa Electric Corp
  • Oceaneering International Inc.
  • Daifuku Co Ltd
  • Mitsubishi Electric Corp
  • Intuitive Surgical Inc.
  • Keyence Corp

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティとは、コンピュータ、ネットワーク、プログラム、データなどのインターネットに接続されたシステムを不正アクセス、サービスの誤誘導やサイバー攻撃から保護するプロセスのことです。

 

サイバーセキュリティ製品およびサービスの市場は、2016年に600億ドルに達し、2020年には2倍になると予想されています。6インターネット接続が私たちの生活やビジネスプロセスにおいて当たり前になるにつれて、企業や個人がデジタル資産を保護するために効率的な手段を模索しており、サイバーセキュリティへの支出は近い将来も加速し続けるでしょう。

ETF First Trust NASDAQ Cybersecurity ETF ETFMG Prime Cyber Security ETF
ティッカー CIBR HACK
設定日 2015年7月6日 2014年11月12日
取引所 NASDAQ AMEX
AUM (US$) 881.18 million 1.67 billion
経費率 0.60% 0.60%
銘柄数 45 52
トップ3 銘柄
  • Cisco Systems Inc.
  • Palo Alto Networks Inc.
  • Splunk Inc.
  • Cisco Systems Inc.
  • CyberArk Software Ltd
  • Splunk Inc.

マリファナ

マリファナは、医薬品としての効果と嗜好品としての用途の両方で社会的にも政策的にも受け入れられつつあります。マリファナの治療有効性が認められ、ドイツやカナダを含む30の米国の州と国が医療用マリファナの合法化を承認しました。7

さらに、カナダは2018年に世界で最初に娯楽用マリファナを解禁した先進国となり、合法化の動きは近い将来、米国の州にも広がることが予想されます。8

米国のマリファナ産業は2022年までに220億ドルに達すると予測されています。米国マリファナ市場へのエクスポージャーを持つETFが新たに上場される計画もあります。9

ETF ETFMG Alternative Harvest ETF AdvisorShares Pure Cannabis ETF Horizons Marijuana Life Sciences Index ETF Horizons Emerging Marijuana Growers Index ETF
ティッカー MJ YOLO HMMJ HMJR
設定日 2015年12月3日 2019年4月17 日 2017年4月4日 2018年2月13日
取引所 AMEX AMEX TSX TSX
AUM US$1.26 billion US$43.24 million CA$920.28 million CA$12.45 million
経費率 0.75% 0.74% 0.87% 0.99%
銘柄数 36 20 58 52
トップ3 銘柄
  • Aurora Cannabis Inc.
  • GW Pharmaceuticals PLC
  • Canopy Growth Corp
  • OrganiGram Holdings Inc.
  • Green Organic Dutchman Holdings
  • Innovative Industrials Properties Inc.
  • Canopy Growth Corp
  • Aurora Cannabis Inc
  • GW Pharmaceuticals PLC
  • Slang Worldwide Inc.
  • Supreme Cannabis Company Inc.
  • Harvest Health & Recreation Inc.

ゲーム

ハードウェアの進歩と、オンラインストリーミング、ソーシャルメディアやモバイルゲームの普及がこのまま進めば、ゲーム業界は従来のメディアやエンターテイメントを崩壊させることになるでしょう。

技術の進歩により、ゲームはより複雑でインタラクティブかつダイナミックになりました。お気に入りのビデオゲームで遊ぶためにアーケードに並ばなければならなかったのは過去のこと。今はマルチプラットフォーム対応のオンラインゲームで世界中のプレイヤーと遊ぶことができます。

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、ゲーム産業を従来のゲーム収入、ソーシャル/カジュアルゲーム、ビデオゲーム広告、eスポーツの4つの収益カテゴリーに分類しました。10世界のビデオゲーム業界の市場規模は1,135億ドルで、米国の2018年の売上高は前年同期比で18%増加しました。11

平均的なゲーム購買層は若者を中心としていることから、ゲーム会社はターゲット層との間に長期的かつ安定的なブランドリレーションシップを築くことができます。ゲーム会社への投資は長期的な成長ストーリーに関与する機会になるかもしれません。

ETF ETFMG Video Game Tech ETF VanEck Vectors Video Gaming and eSports ETF
ティッカー GAMR ESPO
設定日 2016年3月9日 2018年10月16日
取引所 AMEX AMEX
AUM (US$) 99.73 million 22.9 million
経費率 0.75% 0.55%
銘柄数 79 25
トップ3 銘柄
  • Zynga Inc.
  • CD Projekt S.A.
  • Glu Mobile Inc.
  • Nvidia Corp
  • Tencent Holdings Ltd
  • Activision Blizzard Inc.

地球の表面の3分の2は水で覆われていますが、世界の70億を超える人口の飲み水に利用できる水はわずかしかありません。世界の総人口は2050年には97億人に達する見通しで、人口動態の変化は水需要の増加を加速させています。12

Global Water Intelligenceによると、公益事業および工業用水利用者による事業運営費および設備投資費は、2018年の7,700億ドルから2023年までに9,149億ドルに増加すると見込まれています。13

水産業は、節水や浄水を実現する製品やプロセスを提供する企業や事業体で構成されています。長期的な成長を求める投資家にとって、水産業への投資は良い方法です。

現在の構造的トレンドが長期化し、水道会社が水需要増に対処するために新技術の導入を継続した場合、水産業に対する消費者の評価は根本的に改善することでしょう。

ETF First Trust Water ETF Invesco Water Resources ETF Invesco S&P Global Water Index ETF
ティッカー FIW PHO CGW
設定日 2007年5月8 日 2012年12月6 日 2007年5月14日
取引所 AMEX NASDAQ AMEX
AUM (US$) 356.47 million 948.10 million 621.70 million
経費率 0.55% 0.62% 0.62%
銘柄数 37 35 50
トップ3 銘柄
  • IDEXX Laboratories Inc.
  • Roper Technologies Inc.
  • Ecolab Inc.
  • Roper Technologies Inc.
  • Ecolab Inc.
  • Danaher Corp
  • American Water Works Co Inc.
  • Xylem Inc/NY
  • Geberit AG

ETFスクリーナーの検索ボックスからテーマ別ETFを検索することができます。

 

5ETFスクリーナー

 

おわりに

テーマ投資は、世界で起きつつある変化を予測することによって、広範な市場リターンを上回ることを目指す、将来を見据えた投資アプローチです。テーマ投資戦略を成功させるには、構造変化を正確に捉えて、テーマとの関連性が高い企業を見つけ、成長ポテンシャルを最大限に活用するために早めに買いをいれておくことです。

効果的なテーマは単独で生まれることはめったになく、しばしば互いに補完するように現れます。ロボットやAIの普及が進むことによって、サイバー攻撃による脆弱性の悪用が高まるため、サイバーセキュリティ業界の需要は増加します。最も魅力的な投資機会は、異なるテーマが集まり、互いに強化し合うときに生まれます。

つまり、未来の波に乗りたいのであれば、ETFは理想的なの投資手段として機能し、希望する投資テーマに合わせた資産運用を手助けしてくれます。ひょっとすると、未来の「オマハの賢人」はあなたかもしれませんよ。

 

参照:

 

 

 
いかがでしたか?

 

ご質問がございましたら、いつでもフィリップ証券までお問い合わせください。投資用口座の開設も無料で承っております。

 

出典: https://www.poems.com.sg/market-journal/invest-in-the-future-with-thematic-etfs/

 

免責事項

 

本ブログに掲載の内容は一般の読者様を対象としており、特定の投資目的、財政状態、本文をお読みになられた方の特定のニーズについて言及するものではありません。本文に記載の情報に基づき、直接的または間接的に行われた行為の結果として生じた損失について、当社は一切の保証および責任を負いません。

本文中に記載の見解は、予告なしに変更されることがあります。投資には、投じた元本の損失などのリスクが存在するほか、各銘柄の価値やそこから生じる収益も常に変動するということを十分にご理解ください。本文中に記載する商品の過去パフォーマンスや考察、予測は必ずしも今後のパフォーマンスと一致するものではありません。Phillip Securities Pte Ltd (PSPL)の役員、関係者、または従業員は、今後本文で述べた金融商品についての知識をより深めていくよう努力して参ります。投資家の皆様には、投資の計画段階からファイナンシャル・アドバイザーによるサポートがご利用いただけます。ご自身で投資を進められるという場合は、開始前にその投資方法がご自身にとって適切であるかを慎重にご判断いただいた上での開始をお勧めいたします。

 

本ブログに掲載の内容はPSPLが信頼できると判断した分析、予測、考察、意見、見解(以下、集合的に「リサーチ」と称する)など一般公開されている情報源を一部参考として執筆したものです。PSPLが明示的または黙示的の区別を問わず、これらのリサーチに含まれる情報の正確性、完全性、検証有無を表明、保証、表現することはありません。本文に含まれるリサーチの情報は変更される可能性があり、PSPLはそれらの情報またはリサーチの変更に伴ってそれを維持、補填、修正、更新、発表する義務を負わないものとします。PSPLは本文中の情報を利用することで生じた特別、間接的、偶発的、派生的損害について、それらの損害の可能性が示唆されていた場合も含み一切の責任を負いません。本文中に記載の企業およびその従業員は、情報の誤記、不正確性、欠如などに関して一切の責任を負いません。本文中に記載の見解または推奨事項は一般論に基づいて記載されるものであり、予告なしに変更される場合があります。また、本文で提供される情報は各国、市場、企業に関連する将来的な出来事や財政状態についての楽観的な表現を含む場合があります。投資の際は必ずご自身でこれらの情報の妥当性、正確性、および適性を十分に検証・評価いただくようお願い申し上げます。

 

本文中に記載の見解および戦略は、すべての投資家の方に最適となるものではありません。また本文中に記載の見解は、PSPLの他部門または関係者、関連会社から提供される情報と異なる場合があります。投資商品またはコモディティについての説明または議論はあくまで例示目的としてご紹介しているもので、当社から当該の投資商品やコモディティを推奨する、または募集・購入・売却の勧誘を行うものではありません。